×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

怪談摸摸夢字彙(かいだんももんじい)

上の巻
中の巻
下の巻

もどる

○船幽霊[ふなゆうれい]
永久馬史[えいきうばし]に曰[いはく]むかし青銅[せいどう]三十二年くらやみから丑のとし船幽霊といふものありしが今はそのあとをも見ず此[この]幽霊にあへばたちまち鼻落ちてふがふがとなるおそるべし人を見かけてもんしもんしと呼びかくる幽霊なりその頃は財布の底の無き四百をもって惜しげなく呉[くれ]て行く人もありきと土人のものがたりなり
南無ゆうれいほんじょう菩提南無やみ陀仏くらやみ陀仏
犬が曰[いはく]
「まくらもとでなまゑだぁなまゑだぁと云ふから生酔[なまゑ]なら大かた犬悦[けんゑつ]を吐きおるであらふ一杯してやるべぃと思って目をさましたに寒念仏[かんねんぶつ]とは当[あて]が違ったとんだ句が書抜[かきぬき]になるもんだ

▼永久馬史…「永久橋」のもじりかえ。
▼青銅…むかしの年号「和銅」にかけたもの。
▼くらやみから丑のとし…「暗闇から牛をひく」と「丑歳」のかけことば。
▼鼻落ちて…梅毒で鼻がくさっちゃうこと。ここでいう船幽霊とは船まんじゅうなどの私娼をなぞらえたものです。
▼もんしもんし…もうしもうし。もしもし。
▼四百…四百文。「底の無き」というのは「ししゃく」と「ひしゃく」のかけことば。
▼南無ゆうれい…念仏に「幽霊」や「本所」や「暗闇」などをまぜこんだもの。画面では寒念仏の坊主が鉦を叩きながらこれを唱えています。
▼なまゑだぁ…南無阿弥陀。
▼生酔…ぐでんぐでんによっぱらってる。
▼犬悦…口から大道へ道具屋さんをぶちひろげること。ウィップ、げぼげぼげぼげぼ。
▼書抜…せりふ。

○大面[おほづら]
大面といふ化物は上見ぬ鷲[はし]の尾の山奥持参金鼻欠[はなかけ]地蔵の奥の院いきすぎの木の上にたかくとまって人を下目[しため]に見下ろす化物なり元来[もとこれ]成り上[あが]りの山の神の化身なりとぞ
「此[この]化物はなはだ根性骨[こんじゃうぼね]がまがって人をしゃくったり毒気[どっき]を吹きかけたりしてあつくさせる悪しき化物なり
柴刈りながら口上を以[もっ]て御披露[ごひろう][つかまつ]ります此所[このところ]ばかり白紙[しらかみ]でもおかれませねば あの草刈小僧[くさかりこぞう]とわたくしと掛合[かけあひ]の地口[ぢぐち]を申上[まうしあげ]ます逃げながらの地口なれば悪い所はやなぎに御覧下されましゃう
「おおさぶこさぶ川から泥鰌[どじゃう]が浮いて来た
「どうでろくな地口ではござりませぬが一ッ申しましゃう
六串[むくし]うなぎあったとさぢぢむな皿へうまがりに

▼持参金…結婚のとき女性の家が男性に贈るおかね。
▼いきすぎの木…「行過ぎ」と「杉の木」のかけことば。
▼山の神…おくさま。
▼柴刈りながら口上…「はばかりながら」の地口。画面では柴刈りと草刈りの親子がおどろいてる様が描かれてます。
▼此所ばかり白紙…ここの画面には空き地が出来てしまったということわり。
▼やなぎ…気にせず流して。
▼川から泥鰌が浮いて来た…「山から小僧が飛んで出た」というわらべ唄の地口。
▼六串うなぎあったとさ…「むかしむかしあったとさ」という昔話の出だしの地口。
▼ぢぢむ…地味な。「じじい」の地口。
▼うまがり…美味がり。「柴刈り」の地口。

○岡目八もく[おかめはちもく]
岡目八目は目を碁石[ごいし]のごとく白く黒くしてみてゐるああ助言[じょごん]がしたひしたひといふ一念のかたまりなり
我が身で我が身のよしあしは知れぬものなりそれでは悪いこれでは良いといふは岡目八目[おかめはちもく]にしくはなし しかし岡目八目もあまり助言[じょごん]がすぎると人に腹を立たせることあるゆゑにこれもまづ化物のうちにしておくなりこれ発端にいふ如く一夜漬けの急作にしてあぶら屋の久松[ひさまつ]が親父が作なればなり
「一ッぢぐりたいものだが凝っては思案にあたはずだ此本[このほん]の作者も困らうがおれも言種[いひぐさ]に困るぞ困るぞ
「碁仇[ごがたき]といふことわざで地口がありさうなものださぁ出ないは出ないは碁仇の夜の雨はあんまりくちもと碁仇女郎衆はよい女郎衆はどうだどうだ悪いか悪いか

▼岡目八目…ほかのひとから見ると本人以上に短所は知れるョということば。
▼これ発端にいふ如く…この絵草紙の導入部。本屋からの原稿催促につくつくどんどん責められてた場面。
▼久松が親父…浄瑠璃のお染久松に出て来る「久作」と「急作」のかけことば。
▼ぢぐり…地口を発言すること。江戸ッ児独特の動詞活用形。しかしここでは下手の考え休むに似たりということを下敷きにしてのおかしみ。
▼碁仇の夜の雨…近江八景のひとつ「唐崎の夜の雨」の地口。
▼くちもと…思いつき過ぎる。練られてない。
▼碁仇女郎衆はよい女郎衆…俗曲などにつかわれている文句「岡崎女郎衆はよい女郎衆」の地口。

○邪魔あらし[じゃまあらし]
上戸[じゃうご]にては四升樽[よんしょうだる]大酒にては大どんぶり下戸[げこ]にては手酌[てじゃく]の燗鍋[かんなべ]で息もつかずお目にかけました邪魔あらしといふけだものはこれなり昔づぶ六孫左衛門といふ両人[ふたり]の狩人[かりうど]池田[いけだ]伊丹[いたみ]の満願寺[まんぐわんじ]丹波の国の山奥ならぬ岩田の山々からどろのごとく酔ひだす所を生捕ったる異獣[いじう]なりのたまくになってくだをまきそこらあたりをよろめき歩き人の邪魔をしてよろこぶゆゑに誰いふともなく邪魔あらしと号[なづ]
「お目通[めどほ]りに置きましてただいま此[この]耳盥[みみだらひ]の中へげろげろをはかせておめにかけます徳利[とくり]と御覧なされましゃう
水引の結び目をひげと見た所はよいがあとは身の切ない案じだ
「ながいきをすればこんなこじつけな化物を見るものだ前代未聞の茶飯のたねに見ておかふ

▼上戸ゥ…さけのみ。
▼づぶ六孫左衛門…づぶ六と孫左衛門。「うんつく孫左衛門」などと同様のテキトーな名前。
▼池田伊丹…お酒の醸造地として有名。船に積まれて江戸へ運ばれていたのは主にこれらの土地のお酒でした。
▼のたまく…ふらふらになるほどの酒酔い。万象亭は『画本纂怪興』(1791)で「のたまく」という酔っ払いなおばけを描いています。
▼くだをまき…ぶーぶー言う。
▼耳盥…左右にとってのついた洗面器。
▼げろげろ…口から大道へ道具屋さんをぶちひろげること。ウィップ。またですか。
▼水引の結び目…酒徳利のふたにしめられた水引。画面で邪魔あらしの体に使われている徳利は酒屋で酒を小売りするときにつかわれていたもの。
▼茶飯の種…「話の種」の地口。茶飯売りは遊里などに夜よく出ていた立ち売りのたべもの屋さん。

○山水天狗[やまみづてんぐ]
山水天狗はのしこし山にすむ天狗どのなり昔御ぞんじの虚無僧廻国[くわいこく]の折りから土蔵の白壁[しらかべ]にて此[この]天狗にでっくはせ長つる巣ごもりをのぞまれて吹きければ天狗どの奇絶奇絶[きぜつきぜつ]と高慢に褒めてたちまち消へ失せけるとぞ
御用そのとっくりを置いてゆけ日に三熱の熱燗も此頃は工面が悪くって嗅[かひ]でもみねへ
御用よぶでっちかへすな花の鳥とは其角が句だなどと此[この]天狗誹気 [はいき]があると見へる
「蔵の間に住む天狗だから蔵間天狗[くらまてんぐ]とぞ申べし[この]三人みな子供だから言種[いひぐさ]なし作者の困ったにはあらず

▼山水天狗…文字絵。山と水の字で天狗の顔を描くもの。万象亭の『画本纂怪興』(1791)にも登場しています。
(参照→和漢百魅缶「山水天狗」)
▼のしこし山…文字絵。春画ノ非常ニ原始的ナモノデゲス。
▼御ぞんじの虚無僧…「御ぞんじ」という文字で造る虚無僧の文字絵。
▼長つる…「長」という字を鶴のような形に描くもの。半纏や千社札もよく使われていた縁起の良い書法。
▼巣ごもり…鶴の巣ごもり。琴や胡弓、尺八などにある曲名。
▼御用…おつかいをしてる店の小僧さん。
▼日に三熱の熱燗…天狗たちが一日に三回のまさせられるという熱鉄のことをたとえて熱燗といったもの。
▼御用よぶでっちかへすな春の鳥…『五元集』などにある宝井其角の句。
▼誹気…俳諧っ気。妙に俳諧の道に凝ったりする連中を「俳諧天狗」などと呼んでいたことからのことばの引き出し。
▼蔵間天狗…「鞍馬天狗」の地口。
▼此三人…画面では蔵の壁を見て逃げてる商家の小僧さんと子供が描かれています。

○瓶花蟹[へいくわがに]
[この]瓶花蟹と言ふはむかし平家先生[へいけせんせい]の門人八島庵[やしまあん]壇の浦に於[おい]て活け花百瓶[ひゃくへい]の戦ひ吊花活[つりはないけ]の舟いくさの折りから張り幕の中[うち]より第一番に名乗りいでたる武者一騎獅子口の前立て物うったる兜鉢[かぶとばち]の如き花活[はないけ]鶴首[つるくび]に着なし赤毛氈[あかもうせん]の緋縅[ひおどし]を床の間にとって投げかけ竹の手すりの十文字の槍をひねって轡[くつわ]どめの馬盥[ばだらい]にうちまたがり表徳[ひゃうとく]を筆太に書いたる紙札[かみふだ]の幡[はた]を翩翻[へんぽん]とひるがへし活花[いけばな]見せんと言ふままに源平咲き分けの桃の枝をとって見事に投げ入れたる兵[つはもの]の化したるものとぞ
「蟹は甲羅に似せて穴を掘り人は豪奢に見せて花を活ける良い出来は奇妙奇妙と褒めるも瓶花[へいくわ]のひきだふしではないか

▼八島庵…源平の古戦場、讃岐の屋島から。
▼壇の浦…合戦の末に平家が滅亡をした地。「瓶花蟹」の名前はここに伝わる「平家蟹」からのもの。
▼吊花活の舟いくさ…舟形の吊花活の容器と、「舟戦」のかけことば。
▼獅子口…獅子が咬みついているような形のもの。獅咬み。
▼鶴首…花活の形の一ッ。かぶとをかぶるときの姿によく使われる「猪首に着なし」の地口。
▼馬盥…活花をするときに使うひらたい容器。
▼表徳…号。ここでは活花のお免状の名前。
▼源平咲き分けの桃の枝…白い花と赤い花が咲く桃。源平桃。

○大磯のはけ地蔵[おほいそのはけぢぞう]
大磯のはけ地蔵とはあんまりこじつけで作者も皆様の手前めんぼくなく奉存上候[ぞんじあげたてまつりそうろ]しかしながら一夜漬けの作にござれば初午[はつうま]の行灯[あんどん]とおぼしめしお目長[めなが]に御覧下されましゃう抑[そもそも][この]化地蔵の縁起[ゑんぎ]を詳しくたづねたてまつるにこれは箱根山賽河原[さいのかはら]の地蔵菩薩の息子どのにて親のきつい秘蔵菩薩と甘やかして育てたるゆへにとんだのうらく地蔵にてむかし大磯に[くるわ]ありし時分なれば夜な夜な地廻りにいで玉ふ然[しか]るにきつい奴にでっくはせ出し抜けに金の無心[むしん]を大袈裟にぶっかけられ玉ひしより懲々[こりごり]としてそれより夜遊[よあそ]びに出[いで]玉はずと言ひ伝ふ今にその古傷うまらず盆まへ大みそかには痛むといふ
欲道能化全体[よくどうのうげぜんたへ]貧乏菩薩とはおれが事だまだ嬶[かかぁ]を持たねへから妻[さい]の代はりもする地蔵菩薩だ
「さてさて長ひ刷毛[はけ]だ顔は強飯[こはめし]のやうで刷毛は長い長刷毛[ながはけ]から強飯とは此[この]ことであんべぇ

▼大磯のはけ地蔵…「大磯の化地蔵」の地口。東海道の大磯の切通しあたりにあった地蔵で、女など化けていましたが武士に斬られて以後は出なくなったというもの。古くから道中名所にとりあげられていて、赤本のころの絵草紙『福神いせ道中』などにもそのことが出て来ます。
▼初午の行灯…二月の初午の日に行なわれるお稲荷さんのお祭りのときに飾られていた地口と絵を描いた紙を張ったあんどん。
▼賽河原…あの世にある河原。亡くなった子供がいくとされてる場所で、お地蔵さまの所轄。
▼廓…大磯に遊郭があったのは鎌倉時代。絵草紙や歌舞伎の時代ものでは吉原のかわりとして登場します。
▼地廻り…ぶらぶらする。
▼古傷…借財。
▼盆まへ大みそか…お盆も歳末もいずれも当時は買物の集金がまとめて来る時季。
▼刷毛…画面では地蔵のちょんまげがものすごく長くつくられていてそれを差したもの。これが「はけ地蔵」の名のもと。
▼長刷毛から強飯…「長崎から強飯」の地口。だらだら長いという意味。

○欲路首[よくろくび]
どんなおたふくでも牡丹餅[ぼたもち]に振袖立臼[たちうす]に帯といふやうな娘でも持参金さへ多ければ仲人[なかうど]の杖錦木[にしきぎ]の千束[ちづか]と立つこれを見ればみな欲の世界に極[きは]まったり少々いぐち鼻かけでも金さへあれば楊貴妃[ようきひ]小町[こまち]におとるべからず此[この]欲路首と言ふも持参金を沢山[たくさん]持って来て婿[むこ]のつらを金で張ったる化物と見えたり欲路首の字義[じぎ][この]ゆへなり
婿が云ふ
「これ程の牡丹餅ではあるまいと思ふた持参金に目が瞑[くれ]て見合いのとき欲路首見なんだが誤り誤り
「おれは牡丹餅が棚から落ちたかと思ふた

▼牡丹餅に振袖…お顔がまっくろぶつ。
▼立臼に帯…お腰がヘクタール。
▼持参金…結婚のとき女性の家が男性に贈るおかね。持参金がめあてですというダケの悪い男がいるのさ。
▼錦木の千束と立つ…求婚者がどっさり来る。
▼楊貴妃…玄宗の寵愛を受けた美女。
▼小町…小野小町。美女であったとほまれが高いが結婚経験はナシ。
▼欲路首見なんだ…「よくろくび」と「よくよく見なんだ」の地口。

○屁の玉[へのたま]
今は昔にんにく村と言ふ所に韮右衛門[にらゑもん]と言ふ百姓ありけり一人の娘おならと言ふを掌中[しやうちう]のにぎり屁と寵愛したるがふと病[やまひ]に冒[おか]され水中の屁の如くぶくぶくとして[はかな]くなりぬ韮右衛門此世[このよ]はゆめのうちの屁の如しと悟り道心して名を放屁坊[ほうひぼう]と変へ屁国[へこく]修行にいでけるが臭津[くさつ]の宿にて行き暮れの宿しけるに芋のやうなる岩の中よりブウブウと言ふ声ひびくと斉しく黄色なる玉いくつとなく飛びいでその臭き事あたかも鼬[いたち]のけつをまくらにしたるが如しこれ屁の玉と言ふものなりとぞ此玉[このたま]いびつもほそきもながきもありスウスウとたちのぼる事あたかも玉屋の花火の如し
「ああ臭い臭いへくさいゑんめいへないあんぜんと来たは

▼今は昔…むかしむかしのことじゃげな。
▼にんにく村…ここから先の登場名は、みんなくさいものづくし。
▼掌中のにぎり屁…子供をかわいがり過ぎることを「掌中の玉」のいう所から、「掌中の屁玉」と洒落たもの。
▼ぶくぶく…ぶらぶらやまいに掛けたものか。
▼儚くなりぬ…亡くなってしまった。
▼道心して…仏道に帰依して。
▼屁国修行…諸国修行の地口。
▼臭津の宿…草津の宿の地口。
▼行き暮れの宿…野宿。
▼黄色なる玉…屁玉。おならを形容したもの。
▼へくさいゑんめいへないあんぜん…「息災延命家内安全」の地口。

○へび女
へび女は丹波の国より山出しの女にて顔からして化物なり朝夕[あさゆふ]骨を惜しみ顔は仏頂面にて尻はひき臼の如く口をたたかせては剃刀の如し常に仮病を使ひ蛇をつかふ事が得手物[えてもの]なりあしかに見こまれたとみへて行灯[あんどん]の火さへ見るとつぎものをしかけては居眠[いねぶ]り又まっ昼間も台所の炭消壷[すみけしつぼ]に寄りかかりて船を漕ぐそのいびきあたかもうはばみの如し子に報ひたる親の因果よりもこんな女を置充[おきあて]たる旦那が因果なり
ねごと
「それそれ久三どの棚のすりこ木が落ちてすり鉢の中へ身を投げた助けぶね助けぶね

▼丹波の国…浄瑠璃などで山深い田舎ということを示すときに出て来る定番の土地。
▼山出し…おら田舎から出て来ただよ。
▼骨を惜しみ…あんまり動かぬ働かぬ。
▼ひき臼の如く…おしりがでっぷり。
▼剃刀の如し…ずばずばと鋭い口の悪さ。
▼蛇をつかふ…のろのろだらだらすること。
▼得手物…お得意なわざ。
▼あしか…よく眠ってる動物と考えられていて、居眠り者をこう呼んでいました。
▼つぎもの…つくろいもの。
▼船を漕ぐ…うつらうつら眠りだす事。
▼うはばみ…うわばみ。大蛇のこと。大きな声のたとえとしてもよく使われていました。
▼子に報ひたる親の因果…見世物などでよく使われていた「親の因果が子に報い」を「蛇つかい」という点からひっぱり出して来たもの。
▼久三…下男のこと。ごんすけ。
校註●莱莉垣桜文(2010) こっとんきゃんでい