×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

津田浦大決戦(つだうらだいけっせん)

第一回
第二回
第三回

もどる

講演 神田伯龍 Kanda Hakuryu
速記 丸山平次郎 Maruyama Heiziro
発行 中川玉成堂
明治43年(1910)

天保のころ、阿波の国で起こったと言われてる狸たちの大合戦を題材に脚色などを加えてつくられた講談。日開野の金長[きんちょう]と津田の六右衛門[ろくえもん]、それぞれを親分に、狸たちが争いあうのが主な筋立てで、人間はあまり登場してこないところが伯龍曰く「奇々妙々」なおはなし。

実説古狸大合戦』の続編です。

▼天保…1830-1843年。
校註●莱莉垣桜文(2013) こっとんきゃんでい